入院についてのご案内

HOME > 入院についてのご案内

入院のご案内

入院に当たっての手続き、その他の必要な事柄などは下記のとおりです。
よくお読みいただき、分からないことや、お困りのことなどがございましたら、 ご遠慮なく1階受付にお尋ね下さい。

入院予約された方へ

入院の日時が決まり次第、入院係よりご連絡いたします。 おおむね、入院日の前週のご連絡となります。 ただし、外来受診時に入院日を決める場合もあります。 ご不明な点があれば入院係にご確認ください。 入院予約の変更・取り消し、または都合により指定の日時に入院できないなどの場合は、早めにご連絡お願いいたします。

入院の手続き

入院当日は、ご連絡いたしました時間に1階入院受付にお越しいただき、入院に必要な書類をご提出ください。なお、休日・時間外は防犯上正面玄関を施錠しておりますので、裏玄関よりお入りください。 休日・時間外その他緊急で手続きができなかった場合は、3日以内に手続きをお願いいたします。

1階入院受付にご提出いただくもの

  1. 入院申込書 兼 入院誓約書
  2. 健康保険証
  3. 公費等医療証、医療要否意見書(お持ちの方のみ)
  4. その他証明書「限度額適用認定証」等(お持ちの方のみ)
  5. 室料差額徴収承諾書(個室) (入院当日お渡しいたします)

ナースステーションにご提出いただくもの

  1. 診察券
  2. 手術承諾書
  3. <ご入院される方へ>の用紙(お渡しした方のみ)
  4. 介護保険手帳(介護保険ご利用中でお持ちの方のみ)
  5. 利用中の福祉サービスの連絡先(福祉サービスご利用中の方のみ)

健康保険証・各種医療証は、1階入院受付で確認後その場でお返しいたします。 介護保険手帳・利用中の福祉サービスの連絡先は、ナースステーションで確認後その場でお返しいたします。 診察券は、入院時にナースステーションでお預かりして退院時にお返しいたします。

入院時にお持ちいただくもの

入院時の持ち物

その他必要な方はご持参ください。

その他注意事項

入院費用について

お支払いは現金またはクレジットカードの一括払いとなっております。
健康保険証に記載されている保険者に申請を行い、保険者から発行される「限度額適用認定証」を1階受付で提示していただくと、窓口での支払が自己負担限度額まで(月単位)となります。(ただし提示は当月中にお願いいたします)
70歳以上の方は、「限度額適用認定証」がなくても、自動的に窓口での支払が自己負担限度額まで(月単位)となります。(低所得区分の適用を受けるためには減額認定証が必要です)
詳しくは、加入されている健康保険の保険者にご確認ください。
※健康保険の保険者は国民保険(市町村・国保組合)、社会保険(協会けんぽ・健康保険組合など)です。

領収書は医療費控除を申告する時などに必要ですので、大切に保管してください。
なお、紛失された場合の領収証明書の発行は有料になります。

室料について

当院では個室をご用意しておりますが個室料金は健康保険適用外ですので、患者さまの全額ご負担(有料)となります。 有料個室をご希望の場合は入院申込み時に病院職員にお申し出ください。 なお、総室・個室ともに満床などの理由でご希望に沿えない場合もありますのであらかじめご了承ください。 有料個室をご希望される方は、室料差額徴収の「承諾書」をご提出になり、別途下記料金を自費でご負担いただきます。

総室
(3人〜6人部屋)
室料差額なし ・洗面  ・テレビ  ・DVD/CDプレーヤー
・セーフティーボックス(鍵つき引き出し)
有料個室
(1人部屋)
1日につき
10,000円
(税別)
・バス  ・トイレ  ・洗面  ・冷蔵庫  ・テレビ 
・DVD/CDプレーヤー    ・ソファー ・ロッカー 
・セーフティーボックス(鍵つき引き出し)
PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする