多焦点眼内レンズ

HOME > 当院で受けられる手術・治療 > 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

白内障手術時に眼内に入れるレンズは、一般的には単焦点の眼内レンズを使用します。白内障手術後は調節機能がなくなるため、焦点(ピント)が合う範囲が1点になります。このため、術後は眼鏡が必要になります。
例えば遠くに焦点が合っている場合には近用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は遠方用の眼鏡が必要となります。
この欠点を補うために登場したのが多焦点眼内レンズです。
多焦点眼内レンズは、遠近両用眼鏡やコンタクトと理論的には同じで、遠中や遠近距離に焦点を合わせることできます。
ただ、レンズの構造が複雑なために、単焦点レンズに比べると、暗所で光が散乱し、光の周辺に輪が架かって見える現象(ハロ・グレア現象)やコントラスト感度の低下(見え方の質の微妙な低下)が起きる場合があります。

当院では、見え方の特徴の異なる数種類の多焦点眼内レンズを使用して、患者様のライフスタイルに合わせて眼内レンズの選択を行っています。従来から使用している屈折型や回折型多焦点眼内レンズに加え、乱視用多焦点眼内レンズ、そして欧州で広いシェアを誇る分節状屈折型多焦点眼内レンズなどを取り扱っております。

詳しくは担当医・スタッフにご相談ください。また、多焦点眼内レンズは保険適応ではありませんのでご注意ください。

多焦点眼内レンズの種類

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方の比較

単焦点眼内レンズ見え方 

当院採用レンズ

先進医療適応

レンズ外観 isii restor tecnismulti symfony
名称
iSii
アイシー
ReSTOR
レストア
Activefocus
アクティブ
フォーカス
Tecnis Multifocal
テクニスマルチ
Symfony
シンフォニー
光学部デザイン
2焦点屈折型
2焦点回折型
2焦点回折型
2焦点回折型
エシェレット
回折型
特徴 同心円状に中心から遠・近・遠と3つのゾーンからなる。コントラスト感度良好。瞳孔径が小さいと近方が見えにくい。 アポダイゼーションと呼ばれる構造で、瞳孔径が大きくなると遠くへの光配分が多い。 ReSTORの進化型。低加入度数で、2焦点ではあるが遠くからパソコンまで広い焦点深度を持つレンズ。ハロー・グレアが少なく、コントラスト感度も良好。近くは見えにくい。 日本で多く使用されている多焦点レンズ。 近方は、30cm、40cm、50cmの3種類がある。瞳孔径が小さくても近方は見やすい。 エシェレット回折により、広い焦点深度を持つレンズ。テクニスマルチより高いコントラスト感度を維持し、ハロー・グレアを軽減。近くは見えにくい。
ピント
2焦点 : 遠・近
(∞・40cm)
2焦点 : 遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
2焦点: 遠・近
(∞-50cm)
2焦点 : 遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
広い焦点 :
遠から中
(∞-50cm)
乱視矯正
×
×
ハロー・グレア
やや少ない
あり
少ない
あり
あり
コントラスト感度
生産国
日本
(HOYA)
アメリカ
(Alcon)
アメリカ
(Alcon)
アメリカ
(AMO)
アメリカ
(AMO)

先進医療適応外

レンズ外観 lentis finevision miniwell
名称
Lentis
レンティス
Fine Vision
ファインビジョン
Mini Well
ミニウェル
光学部デザイン
2焦点分節屈折型
3焦点回折型
累進焦点
特徴 上方が遠方・下方が近方で境目が1つしかないため光学的ロスが少なく、コントラスト感度は良好。乱視矯正用タイプは0.01D刻みで製造。瞳孔径に影響されにくい。 遠方・近方だけでなく、中間も見やすい。回折型多焦点眼内レンズのうちで光学的エネルギーのロスが一番少なく、コントラスト感度の低下も軽度。 累進焦点で広い焦点深度を持つレンズ。ハロー・グレアがほとんどなく、自然な見え方。近くは若干見えにくい。
ピント
2焦点 : 遠・近
(∞・40cm)
(∞・60cm)
(∞・70cm)
3焦点 : 遠・中・近
(∞・65・35cm)
広い焦点 : 遠から中
(∞-40cm)
乱視矯正
×
ハロー・グレア
やや少ない
あり
ほぼない
コントラスト感度
生産国
ドイツ
(Oculentis)
ベルギー
(Phys IOL)
イタリア
(SIFI Meditech)

屈折型

レンズ部分に同心円状に遠用・近用と異なる屈折力の部分が交互に繰り返される構造を持ちます。屈折型多焦点眼内レンズとしてReZoom(AMO社)、Lentis M plus(Oculentis社製)があります。遠方を見るのに有意なデザインです。レンズの構造上、近方視力を得るには瞳孔径(瞳の大きさ)が必要なので、比較的若い方に向いてます。回折型に比べて、夜間の見え方やハロ・グレアなどの症状がでやすいと言われてます。

isiiiSii(HOYA社):先進医療適応

HOYA社製の2焦点眼内レンズです。同心円状に3つのゾーンから成り、中心より外に向かって遠方、近方、遠方となっています。回折型多焦点眼内レンズに比べ光学的エネルギーロスが少ないので、コントラスト感度が良好なレンズです。ハロー・グレアは若干あります。
手元のピントの合う距離は約40cmです。瞳孔径が小さい例では近方ゾーンが十分に使えないため、読書時は眼鏡が必要なことがあります。乱視矯正用レンズはありません

lentisLentis Mplus(Oculentis 社):先進医療適応外

Oculentis 社製(ドイツ)の2焦点眼内レンズです。上方が遠方、下方が近方部で、境目が1つしかないため、光学的ロスが非常に少なく(5%)、コントラスト感度は良好です。ハロー・グレアは出にくくなっています。
手元のピントの合う距離は40から50cmです。近方視力は同心円上の屈折型レンズより瞳孔径に影響されにくくなっています。現在Lentis Familyとして、40から50cmが見えるタイプの他に60cm、70cmにピントが合うレンズもあります。通常レンズの製造度数は0.5D刻みですが、乱視矯正用のLentis Mplus TORICは0.01D刻みで製造されており完全オーダーメイドのレンズです。

Lentis M plus

miniwellMini Well Ready(SIFI Meditech社):先進医療適応外

SIFI Meditech社製(イタリア)で、世界で最初に開発されたプログレッシブ(累進焦点)眼内レンズです。Symfonyと同様広い焦点深度(Extended depth of focus:EDOF)を持つ新世代のレンズです。球面収差の原理を利用して、遠方から中間距離まで広い明視域があります。従来の多焦点眼内レンズで出現するハロー・グレアや、コントラスト感度の低下がなく、自然な見え方を実現しています。しかし近くは若干見えにくいため、読書時は眼鏡が必要なこともあります。

回折型

同心円上に階段状の段差を持つ構造を持ち、目の中に入る光の回折現象を利用して、光を遠用と近用の2つに分けます。回折型多焦点眼内レンズとしてTecnis multifocal(AMO社)、ReSTOR(アルコン社)、Acri Lisa(Carl Zeiss Meditec社製)があります。遠方、近方ともによく見えるのが利点ですが、光を2つに分けるため、コントラスト感度が低下しやすいと言われてます。瞳の大きさにあまり影響されませんので、一般的に瞳の小さい高齢者にも安心して使用できるレンズです。

restorReSTOR(Alcon社):先進医療適応

Alcon社製(アメリカ)の2焦点眼内レンズで、アポダイゼーションと呼ばれる光学部デザインによって、瞳孔径が大きくなるほど遠方の光配分を大きくし、ハロー・グレアを軽減します。
手元のピントの合う距離は30cm、40cm、50cmの3種類があります。患者様のライフスタイルに合わせて選択することができます。暗所で瞳孔が大きくなった時には、遠方への光配分が多くなるため、近くをみる時に眼鏡が必要となることがあります。乱視矯正用レンズがあります。

tecnismultiTecnis Multifocal(AMO社):先進医療適応

AMO社製(アメリカ)の2焦点眼内レンズで、ReSOTRと並んで国内で広く使用されている眼内レンズです。遠方・近方への光エネルギーの配分が一定のため、瞳孔径が小さい場合も近方が見やすいレンズです。回折型構造のため、夜間のハロー・グレア現象と、光学的エネルギーのロスが20%で、コントラスト感度の低下があります。
手元のピントの距離が30cm、40cm、50cmの3種類があり、個々のライフスタイルによって使い分けます。乱視矯正用レンズはありません。

Acri LisaFine Vision(PhysIOL社):先進医療適応外

PhysIOL社製(ベルギー)の3焦点レンズです。遠方、中間(65cm)、近方(35cm)の3箇所に焦点があります。原理は、遠方と近方に焦点を持つレンズと、遠方と中間距離に焦点を持つレンズを組み合わせて、3焦点となります。複雑な形状のように思われますが、回折型多焦点眼内レンズのうちで光学的エネルギーのロスが一番少なく、コントラスト感度の低下も軽度です。瞳孔の影響を受けにくいレンズですが、ハロー・グレアがあります。乱視矯正用レンズがあります。

symfonySymfony(AMO社):先進医療適応

AMO社製(アメリカ)で、Tecnis Multifocalの新しいシリーズとして登場しました。2焦点や3焦点レンズではなく、広い焦点深度(Extended depth of focus:EDOF)を持つ新世代のレンズです。エシェレット回折により、遠くから中間まで落ち込みがなく自然な見え方のレンズです。Tecnis Multifocalに比べて高いコントラスト感度を維持し、ハロー・グレアなどの夜間光視症が軽減されていますが、手元は若干見えにくいため、読書時は眼鏡が必要な場合があります。乱視矯正用レンズがあります。

多根記念眼科病院採用多焦点眼内レンズ一覧(PDF)

多焦点眼内レンズを希望される患者様へ

多焦点眼内レンズは、20代の時のような見え方に完全に戻すというわけではありません。手術前にご自分のライフスタイルや希望する見え方を医師に伝え、屈折型や回折型の眼内レンズの選択含めて、十分な説明を受けご理解のいただいた上で手術をお受けください。より良い裸眼視力を得るためには乱視矯正などの術後度数補正(タッチアップ)が必要な場合があります。当院ではエキシマレーザー屈折矯正手術(LASIK)を導入しており、必要となる場合、タッチアップできる体制を整えておりますので、ご安心ください。

PageTop

手術を受けられる方(対象者)

適している方

  1. 白内障により、視力が低下したり、かすんだり、ぼやけ、まぶしさなど日常生活に不自由になった方
  2. 原則的に白内障以外に目の病気のない方
  3. 眼鏡からより解放されたいと希望している方
  4. 術後の見え方にハロ・グレア現象などが生じることや、新しい見え方に適応するのに数ヵ月かかる可能性があること、眼鏡が全く必要でなくなることはないなど術後の見え方や医師の説明をご理解していただける方

注意が必要もしくは適していない方

  1. 夜間運転/職業上等近見作業の多い方(タクシー運転手、トラック運転手など職業運転手、デザイナー、写真家など)
  2. 瞳孔径の小さい方
  3. ドライアイ・角膜混濁・チン小帯脆弱など通常の白内障手術で単焦点レンズを挿入する際にも慎重に検討すべき方
  4. 白内障以外の目の病気や身体の病気がある等を理由として医師が不適当と判断した方
  5. 医師の説明を理解していただけない方

手術に際しての注意事項

術中・術後に予測される合併症

後嚢破嚢(破嚢)

眼内レンズを支える袋(嚢)が何らかの原因で手術中に破けることがあります。
破嚢が起こると、状況によっては、多焦点眼内レンズを挿入できない場合があります。
その場合は、単焦点レンズに変更して挿入する場合がありますのでご了承ください。

術後屈折のずれ

手術の時に挿入する眼内レンズの種類(屈折型、回折型)や度数は患者とライフスタイルにより、事前に相談の上、術前検査の予測値により決定しています。
まれに、術前の予測値と狙いの屈折がずれる場合があります。ずれ幅が小さく、患者様の日常生活に支障がなければ大きな問題となりませんが、大幅に度数がずれて日常生活に支障が出る場合は、挿入した眼内レンズを摘出して、新たな度数の眼内レンズを挿入する場合やレーシックによるタッチアップを行う場合があります。

ハロ・グレア現象、コントラスト感度低下

手術後、ハロ・グレアと呼ばれる暗いところで光がにじんだり、光の周囲がぼんやりと見えたりする症状やコントラスト感度の低下(見え方の質の微妙な低下)がおこることがあります。手術後、徐々に慣れてきて症状がよくなることがありますので様子をみてください。もし、手術後6か月ほどたってもよくならない場合は担当医にご相談ください。

多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズを挿入した場合の夜間の見え方(ハロ・グレア現象)

後発白内障

後発白内障とは白内障手術の時に眼内レンズを入れるために残しておいた水晶体の袋(嚢)が、術後徐々に
濁りを生じることをいいます。
その場合、外来でレーザーでの濁った嚢に切れ目(切開)を加えることで、再度見えるようになります。レーザー後は、濁りの破片により蚊が飛んだような飛蚊症がでる場合がありますが、時間とともに減ってくることが多いです。

原因不明の視機能低下

検査、診察上で問題なくても「ぼやける」、「かすむ」など原因不明のwaxy visionと呼ばれる症状があります。
多焦点眼内レンズという複雑なレンズ構造のためとの報告もありますが、原因が分からない場合もあり、対応が難しい場合もありますのでご了承ください。場合によっては、挿入した多焦点眼内レンズを摘出して、単焦点眼内レンズに交換する場合があります。

PageTop

術前から術後までのながれ(治療の流れ)

術前から術後までのながれ(治療の流れ)

検査・診断について
通常の白内障手術の検査・診断に加えて、遠方と近方の視力検査、角膜形状解析検査、波面収差検査、コンストラスト感度検査、優位眼検査、瞳孔径(明室、暗室)の測定を行います。
また、多焦点眼内レンズを挿入できるかもしくは挿入する眼内レンズ種類を決めるために、患者様の見え方の不満、以前の見え方、ライフスタイル、眼鏡の使い方などをお尋ねします。
術前の検査と説明
手術をすることが決まりましたら、手術前に必要な検査と手術の詳しい説明を受けていただきます。
通常の白内障手術前の検査に加え、様々な距離での見え方、収差の測定など多焦点眼内レンズを入れるための検査が必要となります。
手術日
入院の方は手術前日もしくは当日に入院していただきます。
日帰り手術の方は手術当日に指定された時間にご来院ください。
手術の時間は通常の白内障手術と同じです。手術後は眼帯します。手術していない目だけで見ることになりますので、可能な限り御家族などお付添の方とご来院ください。
術後について
手術後は多少の違和感がでることがありますが、痛みがでることはまれですのでご安心ください。手術後は定期的に診察が必要ですので、担当医の指示通り受診して下さい。術後の見え方は通常の白内障手術とは違い、ハロ・グレア症状がでる場合があります。定期的に担当医の診察と検査を受けてください。

多焦点眼内レンズ

先進医療適用レンズ(片眼) \500,000(非課税)

当院は、多焦点眼内レンズの診療に関して、平成24年2月より先進医療の施設基準を取得しています。
その為、先進医療適用レンズを挿入する場合は「先進医療扱い」となり、保険診療と併用することができます。
上記先進医療適用レンズの金額には、手術料・レンズ代金等が含まれます。その他の費用は保険診療による自己負担(0〜数万円)が別途加算されます。

先進医療適用外レンズ(片眼)
※フェムト秒(セカンド)レーザー使用の場合
\450,000(自費・税込)
先進医療適用外レンズ(片眼) \350,000(自費・税込)

(先進医療適用外レンズの場合は、レンズ決定後、注文時にレンズ代金をお支払いただきます。詳しくは別紙パンフレットをご確認ください。)

乱視用の多焦点眼内レンズ及び乱視用でなくとも海外から輸入のレンズについては、未だ厚生労働省の承認を得ていません。 その為、「先進医療扱い」ではなく、「自費診療による全額自己負担扱い」となり、先進医療としての証明はできないことをご了承ください。 上記先進医療適用外レンズの金額には、手術料・レンズ代金・手術後の診察料と検査料等(術後1ヵ月定検迄)が含まれます。 入院される場合は、1日につき総室で¥21,600(自費・税込)、個室で¥32,400(自費・税込)が別途加算となります。(1泊=2日分加算)

術後、乱視矯正など度数補正の為のエキシマレーザー屈折矯正手術(LASIK)が必要な場合は、片眼につき¥100,000(自費・税込)となりますのでご了承ください。

お支払方法

お支払いは、現金またはクレジットカード(JCB,VISA,マスター,DC,ミリオン,アメックス,オリコ,セゾン,各種クレジットカードの取り扱いも可)の一括払いとなっております。費用の件で何かご不明な点がありましたら1階受付にお尋ねください。

生命保険の取り扱いについて

多焦点眼内レンズを用いた手術については、ご自身で加入されている生命保険会社の契約内容によっては手術費用や入院費用の保障、さらには先進医療の保障も行っている場合があります。詳細につきましてはご加入の生命保険会社にお問い合わせください。

PageTop

文字サイズを標準に 文字サイズを大きくする